What is Intelligence?

知能とは?

知能とは何でしょう?賢さのことでしょうか?それよりも全般的な知的問題解決能力のことでしょうか?この記事では真の知能に迫りたいと思います。

記事全文
を読む →

知能とは?

能の定義について心理学者の間では一致した見解がありませんが、 通念上は、一般的な知的問題解決能力のことだと定義できます。つまりは精神的な能力のことであり、 これは問題解決能力や論理的思考力、抽象的思考力、そして複雑な概念を理解し、速やかに学び、 試行錯誤を通して学習するための機能などを伴います。多重知能理論によると、 知能には様々な種類があるとされてされています。

知能は単なる机上の学問や狭義での学術的な能力ではなく、むしろ私たちを取り巻く物事の幅広く奥深い理解を反映するものです。 これは平均的なIQ値を持っているかどうかや、IQ値のグラフ上で上位にいるかという問題ではありません。

知能に関する数ある構想や理論のうち、ここでは重要なものをいくつかご紹介します。

一般知能

一般因子 (もしくは一般知能、一般知的能力、一般知能因子とも呼ばれる)はイギリスの心理学者である チャールズ・スピアマン によって1904年に想起・提唱された構想です。スピアマンは異なる知的作業の間には正の相関があり、 ある種の知的作業への取り組み方は、その人の他の知的能力と同等だということを発見しました。この一般因子は、 ある認知試験におけるスコアの個人差のうち、40から50パーセントを占めると推測されています。

流動性知能(Gf)

一般知能理論は、1940年代に心理学者 のレイモンド・キャッテル によりさらに洗練されました。彼は流動姓知能と結晶性知能という用語を、一般知能のそれぞれ別の因子として提唱したのです。 流動性知能 または流動性推理とは、過去の経験に頼らず論理的に考えて課題を解決する能力のこと。 それは問題とそれに対する推察を論理的に裏付けるためのパターンや因果関係を特定し、問題を分析することなのです。 この能力は訓練や教育によるものというより、生物学的、遺伝的、及び生まれつきの因子のほうに由来します。

知能とは何でしょう?ヒトの脳の解剖学

解剖学的には、流動性知能を司るのは前帯状皮質と背外側前頭前皮質、 そしてその他の短期記憶や注意力に関わる領域。流動性知能は20代後半にピークに達し、 それから緩やかに衰え始めます。これは、右小脳の加齢に伴う変性のせいです。

知能とは何でしょう?ヒトの脳の解剖学

結晶性知能(Gc)

一方で、 結晶性知能, は神経学的な発達による機能ではなく、従って生まれつきのものでもありません。それよりも、 結晶性知能は意図的かつ具体的に学ばれたものであり、教育や訓練、文化的環境に左右されるのです。 個々人の日常的な能力に始まり、語彙、国際情勢、道具や機械の扱い、技術、会計の整理などに関する一般的な情報の、 後天的な要素が関与します。

結晶性知能(Gc)

流動性知能と同様に、結晶性知能もまた幼少期から青年期を通して発達します。流動性知能と比べると、 結晶性知能は成人期の後半までずっと発達を続けます。通常では65歳までに衰え始めるまでの期間、 結晶性知能は失われません。長期記憶の維持と利用に関わる能の領域とともに、結晶性知能を司っているのは海馬だと言われています。 結晶性知能は個人の人生を通した学習の大綱である一方で、修正されたり変更されることも。 人が新しく学ぶことの一つ一つが結晶性知能に加わるのです。

あなた自身の知能についてもっと知りましょう

この記事では、知能とは何かについてお話ししました。当社の知能テストを受けて、 あなたの知能がどのくらいか試してみてはいかがでしょう?下のリンクをクリックして、 ぜひ当社の素晴らしいテストを見てみてください。

あなたの知能はどうでしょうか?
当社のIQテスト
で調べてみましょう→

IQテストと知能についての詳細